『希望回復作戦』 単行本

「希望」という時代遅れの言葉を、僕は自由にしてあげたくてこの詩集を書いてみた。
何もないけど希望はある…。
シニカルユーモアを堪え、本格詩人へ飛翔する29篇。
時代の感性が輝く第ニ詩集。

初出誌:『死者の寺』『ウブド』「フラジル第2号(J&H)」1992年9月、『希望回復作戦』「ジライヤ第12号」1993年2月、『彼女はここで彼女の明日を待っている』「セーブ創刊号」1993年3月、『立待』『疾走する狙撃手』「LD・疾走する狙撃手」1993年3月、『だからどうということもないけれど』「現代詩手帖(思潮社1993年4月号)」1993年4月、『化石』『預かったもの』「Boody Trap第8号」1993年5月、『もうじき僕は生まれる』『視線』『農夫』『堕落』「フラジル合併号(J&H)」1993年6月、『あなたが不幸になりますように』『何もないけど希望はある』『夢見る少年A』『おとな』「小説すばる・集英社1993年7月号」1993年6月、『荒野へ』「ガギュー第2号」1993年7月、『ピリオド』『結晶』『今日を頑張った。』『今日のクスリ』『ビートミュージック』『抜本的政治改革』『自然な渋滞』「CD・ビートミュージック」1993年7月、『照れくさいことがだんだん普通になっていく』『誰も僕を褒めない』『優しき他人』「ポエトリ関東・第9号」1993年夏/『記憶の死』書き下ろし

集英社:1993年8月 詩集
価格:1,500(税別)
ISBN :4-08-774022-6
形態:109ページ/A5判