『旅人の木』 文庫本

“旅人の木”―分厚い葉の基部に水を貯え、熱帯では乾いた旅人が喉を潤すという。
僕は九つ違いで音信不通の兄を訪ねて、この街にやって来た。
複数の女友達、アルバイト先の同僚…かつての憧れの的は、思いもかけぬ顔で僕を混乱させる。
僕の乾きを癒す“旅人の木”はどこに。
詩的なタッチで都会の漂流を描く青春小説。
本作品は1992年1月、集英社より刊行された。

初出誌:「すばる」(集英社)1991年11月号
集英社文庫:1995年6月 小説
価格:¥333(税別)
ISBN :4-08-748351-7
形態:192ページ/文庫判