『応答願イマス』 単行本

リリカルでポップ、センチメンタルでエキサイティングは詩編は、詩人としての彼の存在証明にほかならない。
「現代詩手帖」連載詩に書き下ろし詩編を加えた17編。
時代に、人間たちに、そして自分自身に投げかける魂の第三詩集。

初出誌:『サヨナラ二十世紀』・未発表、『はじめての子』「現代詩手帖(思潮社)」1995年7月、『宮廷の裏庭で、集められた主語が焼かれる』「現代詩手帖」1995年2月、『少女プシケ』「文學界(文藝春秋)」1994年12月号、『俯瞰世界』「現代詩手帖」1994年9月号、『もうすぐ五十歳』「現代詩手帖」1995年5月号、『仏顔』「現代詩手帖)」1995年7月号、『言葉はキュークツ』「現代詩手帖」1994年6月号、『動物を食べる時、僕は僕が動物であることを知る』「現代詩手帖」1995年6月号、『サラヴァ』「現代詩手帖」1994年5月号、『りあるわーるど』「現代詩手帖」1994年7月号、『風』「現代詩手帖」1994年8月号、『愛があれば大丈夫』「現代詩手帖」1995年6月号、『ピアニストの耳』「現代詩手帖」1994年11月号、『結局みんないつかは死ぬということを学ぶために今日を生きている』「Booby Trap 11号」1993年12月、『螺旋音階』『リバティガンズ』・未発表
思潮社:1995年11月 詩集
価格:¥1,500(税込)
ISBN: 4-7837-0581-X
形態:125ページ