『目下の恋人』 単行本

小さな物語の中にいくつもの一瞬が存在する。
その一瞬の光の中で人は恋と出会い、愛と暮らし、時を紡いでいく。
世界のどこかに必ずいるはずの「その人」を求めて、ひたむきに熱く永遠を旅する恋人たちを描いた短編集。

初出誌:本書は以下をのぞき、書き下ろしである。
「君と僕のあいだにある」(『新潮』2001年11月号)、「バッドカンパニー」(『鳩よ!』2001年6号)、「好青年」(『The Slices of The U.S.A』1998年1/10号)、「偽りの微笑み」(『女性自身』1999年8/10号~8/17・24号)、「青空の放し飼い」(『女性自身』2000年8/1~8/8号)、「裸の王様」(『女性自身』2000年10/17~10/24号)、「世界の果て」(『Wasteland』1999年夏号)、「愛という名の報復」(『辻仁成の貌』2001年11/30号)

光文社:2002年1月 短編集

価格:¥1.365(税込)
ISBN:4-334-92353-4
形態:260ページ/四六判