『そこに君がいた』 文庫本

あの頃の僕にとって、毎日は冒険でいっぱいだった。
君と一緒なら世界の果てにだって行けると思ってた。
君と過ごした煌めく時間は、今でも僕の一番の宝物なんだ―。
音楽・文学・映像で、熱い想いを伝え続ける辻仁成の心に、今もなお生き続ける輝かしい日々の記憶。
ともに過ごし、いつか離れていった懐かしい友への、苦さを含んだ熱いメッセージを綴った書き下ろし青春エッセイ集。

初出誌:書き下ろし

新潮文庫:2002年7月 エッセイ集

価格: \380 (税込)
ISBN:4-10-136128-2
形態:194ページ/文庫判